ネット上で独立を煽る人っているじゃないですか?あれはね、現実の世界では煽れないからですよ

「簡単に誰でも稼げます」を謳い文句にしなければ誰も買わない

「今のままの給料であなたは満足なんですか?」

「この先、10年後も今の仕事で食っていけるんですか?」

ネット上でやたらと見かける「今の仕事よりもネットで稼いだ方がいいよ」的な煽り文句。正直言ってね、こういうのってお腹いっぱいなんですよ。

またかって感じです。どうしてこの手の人って煽るんでしょうね。もちろんこういった煽り文句の先には、「誰でも簡単に稼げる方法を教えます」なぁんて宣伝がついているんだけど。

で、結局簡単に稼げるなんて嘘でね。そういって簡単って言わなければ誰もその情報を買ってくれないから簡単と言っているだけってオチ。

まぁ私としては、ここは思い切って正直に、「難しくて再現性は低いけど・・・」って言った方が新鮮で、じゃあその情報知りたいなって思うけどね。

でも、なかなか売る方の立場としては、「簡単に誰でも・・・」にしなければって思っちゃうんでしょうね。

簡単に稼げるのなら、どうして、そんな小難しい宣伝サイトなんて作るんでしょうね?

普通に考えたらおかしいんですよね。どんなに稼げるうまみのある仕事でも、競合するライバルが増えれば増えるほど稼げなくなるんですよ。

だから、現実社会では、師匠の技を盗んで独立と言う形をとるときは、ほんと、それこそて血のしょんべんが出るほどの苦労を味わうんですよ。

大体、本当に稼いでる時って言うのは、誰にも言わないものなの。では、なぜ人に教える必要があるかというと、人に教えることで金儲けを考えているからなんですよ。

つまり、簡単に稼げる手法を販売する人は、簡単に稼げないから簡単に稼げると嘘を言ってその情報を誰かに買ってもらうことで稼ごうとしている人なんですよね。

これ大事ですよ。テストに出ますから(笑)。

ネット上のフリーランスの方の収益自慢はどうして?

それと情報商材の宣伝サイトではなく、普通のブロガーが自分のネット上での稼ぎを報告して、煽ってくるケースね。

先月は50万円でした。頑張れば普通の人もこれぐらい・・・なんてね。よく見かけますよね。なぜそうして煽るんでしょうね。

先に答えを書いちゃいます。それは・・・

現実の世界では煽ると客が離れるからですよ。

つまり、ネット上だから客が離れるなんて実感は感じなく、すらすらと、こういったことが書けちゃうんです。

現実の世界でこんなことをしたら、思いっきりお客様は引きますよ。ほんと。

正直に答えて何が悪いと思った私。

むかし、小さな居酒屋のマスターに弟子入りをして独立をした時があるんですけど。その時にものすごい勘違いを自分がしていて、大目玉を食らったことがあるんです。

修行時代ね。「お前、サラリーマン時代は、ちゃんと仕事ができてたんか?」って師匠に言われてね。

まぁ、それは嘘を言っても仕方がないってことで、「まぁ、普通にできていたと思います」って正直に答えたの。

だって、脱サラしたいと思ったのは、その会社で落ちこぼれたわけじゃないしっていう気持ちがあったわけ。

でも、師匠が烈火のがことく怒ってね。「お前、舐めてんのか?」って何時間も説教が始まったんだからたまんない。その時、正直に答えて何がわるいって思ったわけ。

自慢話をすると客が離れるって話

まぁ、その時は、なんでこんなに怒られるんだろうと思ったの。これってやつ当たりじゃないのって。もうそれぐらいの勢いだったから。

よくテレビの番組とかであるでしょ。修行時代の弟子が師匠にボロカスに言われるってあれね。ほんとに泣きそうになりましたよ。

でも、師匠の言っていることには一理も二理もあったんです。

居酒屋ってお客さんが何をしに来ているかって言うこと。そんなのは「美味しい酒を飲みに来ている」ってことで当たり前のことなんだけど

ちょっとした会話の中に人を見下した感情が見えることがある。

その美味しい酒をさらに美味しく飲めるのは、そこのマスターとの楽しい会話って言うものがあるんですよ。

居酒屋で常連さんになってくれる人って、たいていはサラリーマンなんです。日ごろの仕事のストレスを洗い流しにくるんですよね。

そんな人に「マスターの会社員時代ってどうだったの?」と聞かれて、馬鹿正直に「はっきりいって、会社員時代もちゃんと仕事は出来ていましたよ」なんてつまらないってこと。

「じゃあ、なんで会社をやめたんだ?」て言うことになって、それで、サラリーマンで一生を終わりたくないからって話になって、まぁ、そこまで露骨に言わなくても、そういうマスターの考えが透けて見えると美味しい酒が美味しくなくなるわけよ。

サラリーマン舐めている奴の店はつぶれるってどういうこと?

いろいろ説教されたんだけど、師匠の言葉で印象に残っているのは、「サラリーマンをなめている奴の店はつぶれる」ってこうこと。

サラリーマンがお客様として来られたら、美味しいお酒と楽しい時間を過ごして帰ってもらわなければ次につながらないわけ。

そういう師匠はお客様にどういう会話をしていたのかこっそり聞いたことがあるんだけどね。

お客様 「どうしてマスターは会社員をやめたの?」

師匠 「いや~~、実を言いますとね。私も出来ることなら会社員としてやっていきたかったんですけど、そこの先輩がとっても仕事のセンスがありましてね。いつも怒られてばかりでして・・・」

「そして、その先輩と自分をどうしても見比べてしまいまして。自分には、この先やっていけるのかどうかと考えたら、とても無理だと思ったんですよ」

お客様「まぁ、でもマスターもこうして成功出来ているんだから」

師匠 「おかげさまで何とか・・・」

って感じね。

サラリーマンもフリーランスも同じ立派なこと。

つまり、私が言いたいのは、ネット上で「今のままの仕事でいいんですか?」って煽る行為ね。それは誰も突っ込まないから知らず知らずのうちに煽り文句になってくるわけ。

現実社会でそんなことをしたら客は離れるっと言うの。確かに脱サラをして、自分で商売を始めてそれで食っていけるって立派だと思いますよ。尊敬もしますよ。

でも、会社員として一生懸命働くのもそれはそれで立派なことであって、立派なことと言う意味では、そこに上も下もないんですよね。

まとめ

まぁ、ネット上で自分の稼ぎを言いたい気持ちは山ほど分かりますよ。私も、以前はサイバーエージェント社のSpotlightってところでライターをしてましたから。

もう、どんどん預金通帳に振込人「サイバーエージェント」って記帳されているのがいっぱいになってね。本当だよ。見て見て~~ってブログに書きたくなったんですけどね。結局書いてないけど(汗)。

つまり、ネット上で煽る人ってなんなの?ていうのはね

現実世界では、そんなに露骨に煽れないから。せめてネット上だけでもっていうオチなんですよ。

コメントの入力は終了しました。