今のうちに荒稼ぎ?「SEOに強いですよ」とWordpressのテーマを有料で販売する業者に思うこと

なぜ納得できるブログのデザインに出会えない?

ワードプレスでブログを始めてまず悩むのがテーマ。テーマとはワードプレスのデザインのこと。一度決めたら、そうコロコロ変えるものではないため、どうしても納得の出来るものをと考えます。

ワードプレスはブログシステムの中ではユーザー数が世界一と言われています。そのため、テーマも無数のように存在します。

しかし、ブロガーはわがままです。無数にあるようなワードプレスのテーマを目を皿のようにして探し回っても、なかなか、「これだ!」というものには出会えません。

なぜ、納得のいくデザインに出会えないのでしょうか?それはあれもこれもと求めているものが多く、そのバランスを取るのが難しいからです。

  • とにかう目立ちたい。見る人に感動を与えたい。
  • ごちゃごちゃしたデザインは嫌だ。シンプルがいい。
  • シンプルだからと言って味気ないのも嫌だ。
  • 人気があるデザインにしたいけどけれど、自分の色も出したい。

このように、テーマ選びは洋服選びに似ています。「自分らしい、みんなと違う個性を出したい」と思いつつ、「みんなと同じような無難ものがいい」と思う矛盾した気持ち。自分にとって、納得できるものを見つける難しさがあります。

さらに、テーマは洋服のように、見た目の美しさやカッコ良さだけでなく、そのマシンとしての機能についても考えなくてはいけません。

これから世の中に自分の記事を発信していくマシンです。そのマシンに乗って、広大なネットの世界をかっこよく飛び回るのです。

そして、マシンであるがために、気を付けるべきポイントはいくつかあります。

テーマ選びで気を付けるポイント

1、内部構造は安全か?

いわゆる安全性の高くないものには手を出すなということです。だれでも安全性の高い車に乗りたいですよね。しかし、車の場合はメーカーがきちんと安全性をテストしているのですが、テーマはそうでもありません。

中には、悪意のあるソースが中に仕込まれているケースもあります。テーマの内部構造に詳しくなければ、分からないことです。特に機械音痴の私には内部なんてものは開発者を信じるしかありません。

なので、WordPress公式のディレクトリに登録されているテーマか、開発者の身元がはっきりしていているものが無難でしょう。

そして、大事なのは導入事例が多いことです。ワードプレスは自由度の高いブログシステムであるがため、自由にあれこれいじって、トラブルになることが多くあります。

私も、トラブルだらけでうんざりしました。「こういうことをしたいのに、どうもうまく前に進まない」と思ったことは山ほどあります。

そんな時は、ネットでそのテーマに関する様々な、「これってどうしたらいいのですか?」的な質問や回答が多く検索結果に表示されるものがいいでしょう。

自分が壁にぶつかる問題は、他のユーザーも同じように悩み、答えを求めているものです。

2、内部構造の性能が良いか?

テーマがマシンであるがため、その性能次第で、便利に感じたり、不便に感じたりします。テーマによっては表示速度に差があることがあります。坂道でもしっかりした速さで登れる車に乗りたいですよね。

また、使う人の気持ちに立って作られているかどうかが肝心です。パソコン上ではいい感じで表示されるけれど、スマホでもきちんといい感じで表示されるかどうかです。

必要かつ十分な機能が備わっているかです。自分であれこれ面倒な機能の後付けをしなくても、最初からその機能が備わっているかどうかです。

実は、これはとても大事なことです。最初からその機能が備わっているということは、面倒なことを考えなくてもいいです。いろいろいじっておかしくなる可能性も低くなります。

SNSシェアボタン・記事一覧に画像も表示できる機能・アドセンスなどの設定も簡単など、面倒なことなしにブロガーが求めるあれこれ設定できる必要十分な機能が備わっているかが大事です。

車でも、あとから、あれこれと機能を追加するのって面倒ですよね。最初から備わっていれば使わなくても、そのうち使う機能かも知れないのであれば、あるに越したことはないでしょう。

こうしてみると、性能と安全性。まるで車を選ぶときみたいですよね(笑)。そこで、悩むのが有料テーマってどうなの?ということです。

車であればお金を出せばいいものが買えますよね。それと同じでお金を出せばいいテーマが手に入るのか?です。

私はこれに、大きくNOを突き付けたいと思っています。

私も買おうかと思った有料テーマ

有料テーマで有名なのが、賢威です。非常に人気が高く、多くの方が使っています。なんと15000人以上の人が利用したと言われている有料テーマです。

ワードプレスをやりだすと、他のサイトを見るたびに、「あっこのサイトはあのテーマを使っているな」と言うのが分かるようになります。

目が肥えてくるのでしょうか?そんな中でも、賢威のテーマを多く見かけるようで、「あっこれも賢威だ。こっちもだ」とまるで、みんなが欲しがるブランドのような魅力を感じます。

私がこのテーマに感じる最大の魅力は、SEOコンサルタントとして有名な松尾茂起さんがそのノウハウを詰め込んでいることです。

完全プロ仕様。ちなみに賢威で検索すると出てくる出てくる、その褒めたたえる記事が出てきます。

SEOを徹底研究して作られたと言われ、その実力は、ネット上での「使ってよかった」「ここがすごい」の声を見れば分かります。

「あ~~、もう、テーマ選びなんて面倒だな。お金を出して、みんなが使っているブランド的なものにしたら、とりあえず間違いないんじゃないかな?」そのように思いました。

よし、買おう。そう思い購入サイトにビューン。するとお値段なんと税込み24800円。まじか?無料のテーマが無数にある中で、この強気の値段?

それでも、この値段には、あの松尾茂起さんのSEOに強いマニュアルもついているし、無料でバージョンアップも可能だし、一度買ってしまえば今後は安心。一生もの?そんな気持ちにもなりました。

しかし、24800円です。買おうと思えば買える金額ですが、納得が必要です。無料テーマとの値段の差が24800円。その差額分の価値をもっとはっきりさせたくて購入を保留しました。

そして、賢威を褒めたたえる記事だけでなく、有料テーマに疑問を持つ記事はないかと目を皿のようにして検索しました。

すると、こちらも出てくる出てくる。「テーマという箱を変えても記事という中身を変えなければアクセスが劇的に上がるということはないよ」と言う記事を見つけました。

確かにそうですよね。テーマを変えただけで、劇的にアクセスアップ出来るなんて、そんなのGoogle神が許さないでしょう。

細かい点で、サイトの見た目が変わって訪問者にとっての読みやすさが変わるとか、細かい点が改善されてアクセスアップにつながることはあるようですが、劇的な効果は期待できないようです。

それでも、「賢威に変えて、pvが上がったよ」的な記事があるのが気になる私。公式の販売サイトではどのように説明しているのでしょうか?

pvが上がる。アクセスがアップすると断言しているのでしょうか?気になる私は公式販売サイトを上から順に読みました。

賢威の販売サイト

その結果は「pvが上がる」「アクセスがアップします」などとは書かれていませんでした。そりゃあそうですよね。販売サイトでは、書いたことには責任が生じますもんね

健康食品の営業が「これ飲めば治りますよ」と言えないことに似ている気がします。「治ります」と言う言葉は薬事法違反なので使えません。

代わりに良く使われるのが、「飲んでよかった」と言うお客様の声です。この販売サイトでも、ユーザーの声が紹介されていました。

そして、肝心の説明はというと、「SEOに強いテンプレートと呼ばれている」的な説明です。SEOには絶対の正解はなく、間違ったことに手をださないためのテンプレートらしいです。

まぁ、良いこと(劇的なアクセスアップ)が起きると自信を持って言えないけど、悪いことはないよと言うことでしょう。

そして最後の方に気になる文面がありました。

「seoに強いマニュアル&テンプレートセット賢威24800円(税込み)」です。

キタ~~~。書いてるじゃないですか?SEOに強いって。明言したよね?責任もってよね?そう思いましたが、よく見ると&が真ん中に入っています。

なるほど、SEOに強いマニュアルがついている、テンプレートのセットですよと言う意味でした。期待した私がバカでした。

つまり、お金をだせば、pvが上がることには期待できないようです。やはり中身が肝心なのでしょう。ここで有料テーマは私の頭の中からは消えました。

もちろん、お金を出してもいいよという人を否定する気はありません。SEOのマニュアルもついているし、みんなが使っているブランドという信頼性もありますから。

しかし、無料でも、考えられる限りのSEOの内部対策をしているテーマはあるのです。

無料のテーマでおすすめのテーマ

1、Xeory

まずは、SEO対策であまりにも有名なバズ部さんが無料で提供しているテーマXeoryです。なんでも調べられる魔法の検索ボックスでワードプレス関係の言葉を入力するとかなりの確率でバズ部さんの記事が表示されます。

ワードプレスのブロガーの誰もが認めるSEO対策のスペシャリストであるバズ部さん。そのバズ部さんのノウハウが詰め込まれたテーマです。

Xeoryのサイトでは、「SEO的に可能な限りGoogleのガイドラインに沿った内部構造」「あなたがやることは良質なコンテンツを作り続けるだけ」とあります。

つまりめんどくさいSEO対策なんか考えたくない。出来るだけそんなことを考えずに記事作成だけに集中したいという人にはうってつけのテーマでしょう。

Xeoryのサイト

2、Twenty

ワードプレスをインストールすると最初からついてくるテーマです。私もワードプレスを最初インストールしたら、このテーマだけが入っていました。

この最初から入っているということはとても大きな安心感があります。私もこのブログでは最初のうちは公式テーマTwentyを元に軽くカスタマイズして使っていました。

とにかく最初からインストールされているというだけあって、世界中で利用者が多いテーマです。標準装備の安心感は大きいのです。

そのため、ネットでも情報が拾いやすく、カスタマイズのやり方を入手しやすいのです。さらに毎年その年にちなんだ新しいバージョンが発表され、公式の中の公式ということで開発者が放置してしまうというリスクも考えなくてすみます。

さらにWordPressは決してセキュリティが弱いということではありませんが、その人気から世界中からハッカーがあの手この手の新しい手法で攻撃を試みます。

そのため、脆弱性が発見されることが多く、多くのブログが攻撃や乗っ取られるという被害にあっています。Twentyはこうした問題にも素早く対応しています。脆弱性が見つかるたびにアップデートされます。

非公式のテーマでもアップデートをされているのですが、Twentyほど更新頻度は高くないように思います。

そのため脆弱性が放置されるかも?という不安が残るのですが、Twentyはその点を心配しなくて済むので記事作成に集中できるでしょう。

Twenty Sixteenのサイト

3、Simplicity

現在私が使用しているテーマです。1のXeoryと同じように内部SEO対策をばっちりされているので、自分であれこれ面倒なことを考えなくてすみます。

必要かつ十分な内部構造は開発者に任せて、記事作成に集中できるのはとても気が楽なのです。

そして、デザイン。このブログはほとんど素のままのSimplicityのデザインのまんまです。あれこれいじってトラブルになりたくない私です。

シンプルなデザインにありがちな殺風景な感じもなく、記事のアイキャッチ画像などで訪問して下さる方に自分の個性をアピールする形に仕上げています。

シンプルでありながら自分の個性もしっかりだしたいという贅沢なブロガーの悩みを解決してくれるデザインです。

ブログを始めると「SNSシェアボタンをつけたい」や「アナリティスク(アクセス解析ツール)に登録したい」など、やりたいことがどんどん出てきますが、それらを簡単に設定できるように作られています。

私がTwentyからこっちに乗りかえたのも、この簡単にいろいろ設定できる強みとこの開発者の方自身がブロガーで、まさにブロガー目線の欲しい機能を満載した形になっている点が気に入ったのです。

使っている人も多く、「こんなことをしたい、あんなことをしたい」と言った情報も簡単に拾いやすいと思います。

Simplicityのサイト

無料だからと言って有料に劣ることはない。

「SEOには正解はない」と、SEO関係のブログをみると口をそろえたようにこのような言葉を見かけます。

Googleは検索エンジンに多大なコストをかけて日々改良を加えています。どのように、どの記事を検索結果の上位にするかはトップシークレットです。

そのため、意図的に内容のない記事を検索上位にされないようになっています。もし、SEO業者が意図的に内容の乏しい記事を検索上位にするべく操作をしたらペナルティを受けるでしょう。

これはテーマにも言えることだと思います。テーマで内部SEO対策をすることには限界があるでしょう。

さきほどの24800円でSEOに強いと思われるテーマを導入しても、劇的にアクセスが上がることは考えられません。

お金を出して検索上位が手に入るのなら、検索上位の記事はすべてお金持ちだけのものになります。その有料テーマで独占されます。

それはGoogleの意向に反することでしょう。利用者が欲しい情報に対して出来るだけ満足いくページを表示するのがGoogleの意向です。

そのため、内部SEO対策は高額なテーマを使ったからと言って有利になるものではありません。

無料で必要かつ十分な内部SEO対策が施されているものはあり、それ以上をお金で求められるものではありません。

本当に有利になるのであれば販売サイトでしっかりと無料テーマよりもこの部分で有利になりますよと明言すべきです。

それもなく、お客様の喜びの声だけで判断するのは早計です。テーマというものは車や服などと違って物質ではありません。

つまり、原材料の原価の差が売値に反映されるものではありません。あくまでも開発者のノウハウが詰め込まれたという付加価値で勝負するしかありません。

しかも、無料で作成されたからといって、開発者のノウハウが有料で提供している開発者に劣っているとは思えません。

調べれば無料で十分なデザインと機能を備えたハイクオリティなものが山ほど見つかるでしょう。何と言っても世界でもっとも利用者の多いブログシステムと言われてますから。

私が思うには、高額な価格でテーマを販売できる時代は今だけではないでしょうか?無料でも有料でも開発者がそのノウハウを必死で詰め込んだものには大差はないということに、多くの方がそのうち気付くでしょう。

検索していただいた方に満足のいくページを作成する。これがSEO対策の基本です。車・服・食べ物などと違ってテーマは無料だから有料に劣るなんてことはありません。

コメントの入力は終了しました。