WordPressがSEOに強いと思われている本当の理由を徹底的に考えました。

人気ブロガーがなぜ人気なのか?はピコ太郎がなぜ売れたのかを分析するようなもの

こんにちは、みんな大好きブログのお話です。

「多くの人に、いっぱい記事を読んでほしい」

「とにもかくにもPVが欲しいよ」

「ランキングの上位で俺って、かっけーの気分に浸りたい」

なんとも悩ましい問題ですよね。「えっ!そんなこと悩んだことないよ?」って言う人はもうこれ以上読まなくていいですよ。時間の無駄ですから。とはいってもとりあえずお付き合いで・・・

そもそも、私がアメブロで「がんばれ熊さん」を始めたのは、アメブロは利用者ナンバーワンのブログサービスだから。単純な理由ですよね。みんなが集まっているから悪くねぇだろうって考えです。

で、次に悩んだのはブログの方向性です。

「どうせやるなら目指すは人気ブロガーだ」

なぁんて考えて、アメブロには、週間ランキングや、月間ランキングがあるわけ。それの上位のブログってどうなの?って見たのです。

すると、何が見えたって?これが残念なことに私の少ない脳みそでは理解できませんでした。つまり、分からないってことです。

分かろうと頑張れば頑張るほど、ピコ太郎がなぜ売れた?と言うことを分析するような雲をつかむような難しさがあるんです。

アメブロで人気ブロガーになるにはユニクロで服を買い、ダイソーでいいものを見つけろって話

ランキング上位の人を真似したって、人気ブロガーになるなんて、多分無理でしょうね。つまり、再現性の極めて低い成功法則を学ぶような、なんとも言えないもどかしさ。

「どうせツールをつかってるんじゃねぇの?」という噂もあるんだけど、そんな感じもしないんですよね。

  • 「ユニクロで服買いました。いいでしょこれ?」
  • 「100円ショップのダイソーでいかしたものゲットしました。便利、便利」
  • 「子供のディズニーに言ってきました。あ~楽しかった」

そんなブログがツールなんか使うのか?何のため?まぁ、そんな悪な奴らも上位にいてるかもしれないけど、結構ガチに思えて仕方がない。

では、何がどういった理由で人気になってるの?これがね。分からないわけ。それでも、分からないのは自分の見る目がないってこと?と自分を責めながら考えたんですよ。

すると、ちょこっとだけ見えてきました。つまり、これからアメブロを始めようって言う人で人気ブログに育てたいな~~って思う人は黙ってこのタイトルにしたらいかがかな?

「毎日がキャラ弁!ユニクロとダイソーで優雅な毎日とディズニーで子育て絵日記」

このジョーク。分かる人には分かるよね。いや、マジ最強ですよ、このタイトル。

よく、ワードプレスでブログやっている人の記事を見ると・・・

「アメブロはお勧めしないよ」

「だってただの日記が多いんだもん」

なぁんて言っている人が多いけど、じゃあ、そのただの日記が多い世界であなたたちは勝てるのかな?って思う私です。

結局、そんなことを言っている人でも、一からスタートしてアメブロで上位に行けないと分かっているからそう言っている部分もある気がするんですけどね。

ズルは駄目ですよ。あくまでも一からのスタートで検証してもらいたいものです。

私なんて、人気ブロガー目指して、泥にまみれてぐっちゃぐちゃになりましたもんね。

それでも、この何だか分からないブログの不思議に挑むのは面白い。特にアメブロはね。だからアメブロはやめられない。で、私は初めのころはこう思ったんですよ。

お料理ブロガーになろうと。

笑いたければ笑うがよいです。結構、僕は真剣だったんですよ。だって、僕は食品スーパーに勤めているんです。食材のテーマパークです。

毎日、事務所で「こんなものを混ぜて、それでチンして、こんなもの出来ちゃいました」的なお料理の写真を載せたんですよ。

すると、くるわくるわアクセスが・・・・ってそんなことも夢のままに終わり、もういいやってなったんです。

それで、次は、面白いことを書こうと思ったんですけどね。面白いっていえば絵日記だって単純な発想になったんです。だって、絵日記ブロガーは結構上位になっているから(汗)。

でも、この面白いことを書くって意外と難しいんですよ。その時は、「あっこれ最高におもしい」と思って書いているんだけど、何日かして読み返したら、いまいち面白くないんです(涙)。

これも、ブログの不思議なとこです。そうなるとモチベーションも下がっちゃって、でも、いろいろやっているうちに、なんとなく自分のブロガーとしてのスタイルが決まってくるわけで、これも何だか自分が成長したみたいで嬉しいんですよね。

手探りの面白さがブログにはあるっていうか、僕はもう一つ趣味があって、釣りが好きなんですけど、釣りって、釣る前のわくわく感とか釣った後の満足感とか、いろいろあるんだけど、僕的には、なんだかんだ言っても、あの試行錯誤があるから達成感が半端なく気持ちいいんですよね。

ブログもそれに似ているかな。僕は絵日記ブロガーなんですけど、最初はデジカメで撮ったイラストを使っていて、次にスキャンしたイラストになって、次にクーピーで色を塗ったり、現在のスタイルになるまで、いろいろ試しているんですよ。

それがまた楽しいのなんのって、たまりません。試行錯誤は苦行であればあるほど、楽しいものです。これ分かる人レベル高いですよ。

一応、僕は子供と読んでも安心なブログを書いてますけどね。

そんな私も、気づけばブログ歴4年になっちゃって、けっこうきわどい内容のことも書いているなと思うことに気付いたんですね。

すると、怖いのが削除リスクなんです。アメブロは社会的に不適切な表現を禁止しているんです。まぁ、わたくし的には子供と一緒に読んでいただいても安心な記事を書いているつもりですが。

今すぐに消されることはないとは思うのですが、将来的にどうかな?と考えると、なんとなく怖くなっちゃって、テレビでも昔は放送できていた○○なアニメが、社会的に問題ある?的なことで放送出来なくなった例があるじゃないですか。

それと一緒で、「今許されている表現がこの先10年後も許されるか?」ってなると「う~~~ん」って首をかしげるしかないんですよね。

だから、保険の意味でワードプレスもするようになったんですけど、ワードプレスはサーバー代に月々500円かかるんですよね。

ずっとアメブロで無料でブログをしていた私からしたら、もったいないお化けです。それでも、ワードプレスにしたのにはもう一つ理由があるんです。それは・・・

何っ!ワードプレスはSEOに強いだと?

Googleのなんでも調べられる魔法の検索ボックスで「アメブロとワードプレス、どっちがいいの?」と検索していろいろな記事を読んだんだけど、みんなワードプレスが検索に強いよって書いているんです。

何を根拠に?と気になるところですよね。それはですね・・・

  1. ワードプレスはGoogleの検索エンジンのスパム対策チームリーダーだったマット・カッツ氏がSEOに最適化されたツールとして褒めていたそうです。
  2. また、SEOの天才って呼ばれているジェフ・ジョンソン氏もワードプレスの力を認めているそうです。

なんだか、そんな人知らないけど、すごい人に認められたからすごくSEOに強いんだろうねっていう印象です。いやいや、ちょっと待てよ。それって偉い人が認めているって、何がどうSEOに強いの?具体的に教えてよ。みなさん!

SEOに強いって言ってるのに訪問者は私一人だけ(涙)

そんな疑問もありましたが、まぁ、これだけあっちのブログやこっちのブログで、将来的にアクセスを集めるんならワードプレスでしょ的な記事が書かれているんだから、そうなのかもしれませんね。って僕は思ったんです。

機械音痴の僕は、どうせ「ブログのシステムの中身がああだからこうだからSEOに強いんだよ」って言われても、どうせ分かりませんし、ここはみな様のご意見を信じましょうってことになったんです。

それで、ワードプレスでアクセスどっかん。僕の記事がこんなに読まれているよって記事に書こうかな、なぁんてゲズなことを考えてせっせと記事を書いたんです。

すると、どうなったかって?結果は・・・

ち~~~~んです。

一体いつまでアクセス無音状態を耐えないといけないの?

特に最初のころなんて、アメブロ友達にも言わずに、こそこそ書いていたから、誰も見に来てくれない。1日のアクセスは10あればいいほう。っていうか自分しか読んでいないんです(涙)

これはきついです。それで、あせっていろいろ検索することになるんです。溺れる者はなんでも検索するってやつです。

「ワードプレスでたくさんの人に読んでもらうにはどうしたらいいの?」的なキーワードで検索するんです。そしたらね。また私を悲しませる記事ばかり。

「ワードプレスを始めて1か月で1万PVになっちゃった」って記事。もうね、吐きそうです。それでも、そんな記事にはたいてい、こんなことが書いているんです。

ワードプレスでブログをしても最初はアクセスないけど、我慢して続けていたら、そのうちアクセスが来るようになるよって。

って、いつまで我慢させるのよ?って怒りの検索をしたら、大体みんなが口をそろえて言うのは1日1記事づつ更新して、3か月後に100記事を超えたあたりからアクセスが目に見えて増えてきて楽しくなるそうです。

アクセスがない状態の寂しさは太平洋独りぼっち

3か月か~まぁ、それぐらいなら我慢できるかな?そう思ってこつこつ記事を書いていったんだけど、なんか言いようのない不安と孤独感が襲ってきたんです。

ワードプレスってアメブロと違って、横のつながりがないから、なんだか寂しいんですよね。まるで砂漠のど真ん中でSOSの旗をふっているみたい。というよりもSEOの旗をふっているみたいです。

「SOSです。Googleの神様」と太平洋独りぼっち。それでも、この長い3か月の漂流生活の先には夢のアクセスどっかん黄金の新天地が待っていると信じて漂流したんです。

そして、運命の3か月後、しかも100記事を軽くオーバーしました。どうなったかって?それは・・・

ち~~~~~んでした。

これからブログ始める人には、まずは無料ブログをおすすめしたい。

アナリティスクっていう無料でアクセスを解析できるっていうのに登録したので、自分のブログが検索でどれぐらいヒットしているか分かるのですが、一か月で200ちょっとです。

う~~~ん微妙。3か月ってみんな言ってたよね?いつまで漂流するんでしょう僕は・・・。でも、そんな僕には温かい気持ちを持ってらっしゃるアメブロのがんばれ熊さんの読者様がいてます。

毎日のアクセスのほとんどは、アメブロのがんばれ熊さんの読者様に頼っています。まぁ、そう考えるとアメブロの読者様には感謝の言葉しかありません。

私がこうしてまだワードプレスを続けているのはアメブロのおかげです。もし、誰かが「ワードプレスとアメブロどっちにした方がいいですか?」って聞いてきたら私はこう答えるでしょう。

「悪いことは言わないよ。最初のうちはアメブロがいいよ」って

ブログを続けていく上で最も障害になることが孤独感だと思うんです。書いていても誰にも響かない。批判もされないし、褒められもしない。

でも、アメブロはいいですよ。コミュニティーが発達しているし、ピグもあるし・・・でも、ピグって何なの?っていうアメブロガーも多いですけどね。とにかく誰かとつながれるのは間違いなしです。

そして、ある程度つながりが出来た時点で、ワードプレスにしようかな?と検討したらいいと思うし、そうでないと最初からワードプレスにしたら、マジでアクセス無音に泣きそうになるかもですよ。

それでも、私は鉄の心臓をもつから、孤独に耐えられるという人はどうぞ、と言う感じです。

結局、どっちに転んでも大丈夫なようにアメブロもワードプレスも両方使おうと思いました。

ブロガーにとっては、やっぱり読んで頂いているというのは大きなモチベーションですから。結局、ワードプレスは検索流入がメインだから、そこまでたどり着くまでに孤独の海にブクブクっと気持ちが沈んじゃうんですよ。

僕の周りのアメブロ友達でも、最初は勢いよく「ワードプレス始めました」って言ってたのに大体3か月ぐらいで寂しくなっちゃうようです。

検索流入に頼らない横のつながりで読まれるアメブロの温かいぬくもりのある世界から離れられないんですよ。そういう僕もなんですけどね。

それでも、私はワードプレスでこの広大なネットの海を漂流していこうと思っています。なぜ?それはやっぱり僕って、きわどいことを書いているブロガーだから、削除リスクのないワードプレスは妙な安心感があるんですよね。

だって、せっかく何年もこつこつ書きためてきたブログの記事がちょっとしたブログ管理会社の規約の変更でジ・エンドになるかも?ならないかも?と怯えながら暮らすのは精神衛生上よくはありません。

何を根拠に、SEOにワードプレスが強いとみんなが言っているの?

それにしても、ネット上にはびこるSEOはワードプレスが最強だよ説は何なんでしょうね。だって、具体的に無料ブログに比べてどれぐらい強いのかを指し示すものなんて見当たらないんですよ。

いろいろ検索で探し回ったけど、見つかりません(涙)。最初は無料ブログの方がドメインの運用履歴が長い分、SEOに有利だけど、長い目で見ればワードプレスの方がGoogleに認められて、SEOに有利になりますよって色々な人が書いているんだけど。

それってGoogleが言っているのか?と言うことです。言ってないですよね。同じようなことを書いてもワードプレスの方が検索結果に表示されやすいですよって、主観じゃないですか?と思うのです。

この辺はあくまでも仮説なので、私が思うことは違うかもしれません。なぜならGoogleの検索エンジンはどのようにコンテンツを評価しているかどうかはトップシークレットだからです。

もしかしたら、そのトップシークレットの中に、同じレベルのコンテンツなら、無料ブログの記事よりも、独自ドメインで運営しているワードプレスのサイトの記事の方を優先させちゃおう、てなってるかも知れないし。

それでも、Googleの検索した人に満足のいくページを表示したいという理念から考えると、どのブログサービスを使っているかと言うよりも、記事の内容が最優先じゃないの?って常識的に思うんですよね。

それでも、気になるワードプレスブロガーの目立ち方

それでも、普段、ブログのことについて調べようと検索をかけると、やたらとワードプレスのブロガーが書いている記事が多いんですよね。

もちろん、はてなブロガーさんや、アメブロガーさんやライブドアブロガーさんの記事もあるんだけど、目立ち方では断トツなんですよ。

そんなのを見ると、やっぱりワードプレス、すんごい強いって思うんだけど、よ~く分析すると、検索結果に表示される記事はしっかりと中身があるんですよ

Googleの検索エンジンは年々賢くなっているんですよね。だから、しっかりした内容の記事を検索上位にしようと思っているはずです。

つまり、ワードプレスのブロガーさんが書いた記事が検索結果に多く表示されるってことは、別にワードプレスだからと言うわけではなく、検索上位を取れるように、記事の中身をしっかり考えている人がワードプレスユーザーに多いからじゃないのか?と思うんです。

ワードプレスは持ち家みたいなもの。

ある人が上手いことを言っていました。

「アメブロは賃貸マンションみたいなもので、ワードプレスは持ち家みたいなものだ」と。

上手い、座布団一枚って言いたくなりました。実はここにワードプレスの強さがあるんじゃないかと思うんですよ。

賃貸マンションよりも持ち家を手に入れる時って気合が入りますよね。だって一生ものですから。

そして、この気合の入り方が記事に影響しているんじゃないか?と私は仮説を立てたのです。だって、無料ブログの記事で3000文字以上の記事を書いている人は少ないけど、ワードプレスブロガーはそれが標準だったりしますもんね。

ちなみにこの記事は7000文字以上です。この先、どんどんこの記事も未来に向けて、フラッシュupさせていきます。めざせ1万文字。だって自分の資産ですからね。

私自身もメインはアメブロなんですけど、アメブロの方は、どちらかと言うと一筆書きに近い感じで書いてます。なぜかって?それは・・・

今は許されているあれこれの表現がいつ、けしからんと言うことになって追い出される時が来るかもしれないと思ったら、せっかく育てたものが一瞬でぱぁになりますから。

その点、持ち家なら追い出される心配がないから、一生ものとして、時間をかけて一つ一つの記事を作成できるのではないかと思うのです。

それが有益なコンテンツとして、検索エンジンに評価されるわけで、ワードプレスで書いたからと言うことではないというのが私の見解です。

WordPressがSEOに強いとみんなが感じている理由は?

つまり、ワードプレスがSEOに強いと言われている訳は、SEOの天才が認めているなんていう、陳腐な表現じゃなくって、検索エンジンは賢くなっていってるんだから、やっぱり記事の内容なんですよね。

持ち家という気合の入り方が、しっかりした読み応えのある記事をワードプレスユーザーに意識させるのです。ワードプレスそのものがSEOに強いというのは、はなはだ疑問だと思うのです。

最後に、ワードプレスがSEOに強いと言われている理由は・・・

ユーザーの気合の入れ方が違うということに過ぎません。

コメントの入力は終了しました。