「わしは身体障害者じゃ」と怒鳴り、障害者専用駐車スペースに停めようとした客に思うこと

駐車場でどなるお客様

自分の何気ない行為がどれだけの人に迷惑をかけているのか?想像すること、知ることがとても大事だと思います。

勤め先の食品スーパーで、とてもいやな出来事がありました。

本来、車椅子を利用されているなど歩行困難な方が利用する障害者専用駐車スペース、そこに普通に歩行出来る方が停めようとして、ガードマンが「こちらは障害をお持ちの方のスペースです」と伝えると「わしゃ~身体障害者じゃ~」と大声で叫びました。

そのお客様は、障害を証明するものはもっていませんでした。そして車から降りて歩く姿はとても元気そうでした。そばで見ている私たちはとても残念な気持ちになりました。

この出来事以外にも、急いでいるから。混んでいるからという理由で障害者専用駐車スペースに駐車される健常者のお客様は後を絶ちません。

自分がどれだけ迷惑をかけているかを自覚していません。そこで今回は、ここに停めることがどれだけ迷惑な行為であるかをご紹介したいと思います。

あなたのために長い時間待たなければいけない人もいるのです。

車椅子を利用される方は車から降りるとき、車椅子の幅の分、車のドアを開けないといけません。そのために障害者専用駐車スペースは通常よりも広くスペースを確保しています。しかし店全体の駐車場のほんの1部分だけしかありません。

ちなみに私の勤めるスーパーは2箇所しかありません。そのスペースに健常者が停め、その後、車椅子のお客様が長い時間空くのを待つ。そのようなことがあります。

急いでいるからは理由になりません。

店の入り口の、出来るだけ近い場所に、障害者専用駐車スペースはあります。そのため、ガードマンに「急いでいるから停めさせて」と言われるお客様がおられます。

どんなに急いでいたとしてもここに停めるべきではありません。急いでいる人のために空けているのではありません。歩くのが困難な本当に必要としている方のためです。

も注意しない?でも白い目で見られています。

モラルに欠けた行為を直接注意される方もおられますが、その後のトラブルを考え、多くの方は注意したい気持ちをぐっとこらえています。

言葉ではなかなか注意出来ずに、目で訴える。そんな方も多いと聞きます。

では障害者専用駐車スペースに停めてもいい人とは?

駐車スペースのアスファルトに車椅子のマークが書かれているため、車椅子常用者専用と思われていることが多いのですが、車椅子の方以外にも対象となる方がいます。

良く見かける障害者専用駐車スペースの看板に、 車椅子、妊婦、杖をつく人のマークがあります。つまり、何らかの理由で歩行が困難な方は使用が出来ます。

最後にお願いです。

私が勤めるスーパーでは週末やセールの日以外は車の誘導をするガードマンはいません。限られた人員の中、障害者専用駐車スペースを必要な方のために見張っておくのも現実問題出来ません。

急いでいるから。混んでいるから。そのような理由で健常者が駐車する。しかし、道路規制法で規制されているものではなく店側が独自で確保している駐車スペースです。

車椅子の方など、歩行困難な方にも買い物を含む社会生活を快適にして頂くために必要なスペースです。

困っている人がいる現状を知っていただきたいと思います。 そして、規制されているから停めないでおこうではなく、困っている人がいるから停めないでおこうという気持ちが大事です。

みんながそういう気持ちになり、全ての人が気持ち良く買い物を楽しめる。そんな世の中になってほしいです。