自分の仕事なのに他の人が勝手に手を出してくる。「面白くない」「やる気がなくなる」を解決する

手伝わなくても、手伝ってあげても愚痴を言う

「人間って勝手な生き物だな」とつくづく思います。「どうして手伝ってくれないの?」「私だけが頑張っているのは不公平だ」と騒ぐ一方でこんな声も聞きます。

「私の仕事に手を出さないで」と言う不満です。手伝ってもらえない時に愚痴を言う人が、今度は、手伝ってもらえたら感謝どころか「余計なことをしやがって」と相手を恨むという矛盾した感情を出します。

実は、人から感謝されるちょうどいい「お手伝い」と言うものは難しく、先輩と言えども、良かれと思って、後輩の仕事のフォローをすると、ありがたいと思われる時もあれば、迷惑に思われる時もあります。

自分の仕事を手伝ってほしくない心理

  • 人の仕事を手伝う前に自分の仕事をもっとしっかりやってほしいと思う。つまり他人の心配をする前に自分の心配をしろという気持ちになる。
  • 自分が考えている通りのやり方ではなく、先輩が主導権を握り、余計なことまでされてしまう。こうなると手伝ってもらったというよりも、仕事を取られた気持ちになる。
  • 自分が責任をもってやっている仕事なのに、ケチをつけられたという気持ちになり、プライドが傷付けられる。

「誰も手伝ってくれない」と嘆く声の方が多く目立つため、見落としがちですが、意外とこういった不満がもとで起きる従業員同士のトラブルを見かけます。

  • 手伝う方は、良かれと思っている。
  • 手伝われる方は、迷惑と思っている。

両者はどうして分かり合えないのでしょう?今回は私の職場で起こった、「手伝われることに不満をもった従業員のトラブル」をご紹介して、人の仕事を手伝う人・手伝われる人の両者が配慮すべき問題点を洗い出していこうと思います。

先輩と後輩の口論の理由

勤め先の食品スーパーで、パートさんから、「何やら、あっちの方でもめているみたいだよ」と言われました。

どういうことかとバックヤードへ見に行くと、アルバイトの先輩君と後輩君が口論になっていました。

原因は、後輩君がお菓子の発注を任されているのに、先輩君が、勝手に追加発注をして在庫置き場がいっぱいになったからです。

なので、後輩君は「勝手に追加発注はしないでください」と言いました。しかし、先輩君にも言い分がありました。「出来ていないからフォローをしているんだよ」ということです。

発注というものは、少なすぎるとお客様に迷惑がかかり、かといって多すぎると在庫の管理が大変になります。

適正発注をしようと頑張る中で、予期せぬまとめ買いがあり、ごっそり売り場から商品がなくなることがあります。

だから先輩君は、後輩君の休みの日に、「あっ、これなくなっている。大変だ」と思って追加発注をしていたのです。

 手伝われると邪魔されていると思う

先輩君は良かれと思ってやっていることです。その行動そのものは良いことだと思いますが、後輩君が出来るだけ在庫をもたないように考えて発注をしているのに、どんどん余計なものまで追加されて腹が立ったのです。

今までは、自分の発注のミスをフォローしてくれている先輩ということで我慢していたけれど、その我慢が限界になり、ついに先輩君に意見をしたのです。そして、口論になりました。

後輩君は、「僕には僕の考えがあってやっている仕事なんですよ」と言い、先輩君は、「お前に全部任せてたら失敗するだろ?」と言い、二人の意見は平行線になっていました。

そして、私が間に入り、両者の気持ちは分かると言った上で、今後は先輩君は、売り切れているもの以外は、後輩君の追加発注をしないということになりました。

手伝われると担当者として面白くない。

若干腑に落ちていなさそうな先輩君に事務所で話しました。

「気持ちは分かるけど、フォローは最低限でいいよ」「彼は彼なりに必死で考えて動いているんだから、その後ろからなんでもかんでもフォローするのは何のための担当者か分からなくなるよ」と言いました。

私がそう言った理由は、先輩君が後輩君のフォローする気持ちは分かります。おそらく先輩君は、最初のうちは売り切れていた商品だけ、お客様に迷惑がかからないようにフォローしたのでしょう。

しかし、フォローしているうちに、「あっこれも少ないな?」「あっちも少ないな?」「どうせ売れるんだからもっと取っておいたらいいのに」と言う気持ちになって、後輩君が発注した後をもう一度全部確認するようになったのでしょう。

そう、悪気はないのでしょう。しかし、男の仕事にかける気持ちというものを無視しているのではないか?と思いました。

俺がやっているのに、勝手に人の仕事をさわるな。俺には俺の考えがあるのに横から邪魔しやがって、ややこしくしやがって・・・そんな気持ちになって、後輩君としては面白くなかったのでしょう。

フォローの線引きをしっかりさせる

 自分の仕事を触られたくないと思っていても、仕事内容によってはどんなに頑張っても、周囲からのフォローが必要な時もあります。

それが本当に必要なフォローなのか、その線引きを先輩が見誤ると、せっかく良かれと思ってしたことが相手に迷惑なことと思われてしまいます。

先輩として、気を付けなければいけない問題ですが、後輩は立場的に先輩に対して、我慢を重ねていることが多くあります。

そんな我慢が限界に来た時にさきほどの話のような口論に発展することがあります。やはり、ここは、その上の上司や先輩を通して、フォローの線引きをしっかりさせることが一番の解決だと思うのです。

何かをフォローする時、任された本人に言わずにやると「勝手なことをしやがって」と思われます。報告・連絡・相談は、基本中の基本です。

言わずにやるのなら、最小限のフォローで、自分の責任の範囲内でやるべきでしょう。それがフォローする側の気を付けるべき相手への配慮です。

では、フォローされる側はどうなのか?こちらも大きな勘違いをしている場合があります。

「その手伝いは迷惑」は言わなければ伝わらない。

自分の仕事が出来ていないのに人の仕事を手伝いたがる人。私もずいぶんこの手の人に頭を悩まされてきました。特に若い時分の血気盛んな頃は大変なストレスで胃が痛くなりました。

日本語には「ありがた迷惑」と言う言葉があります。「まずは自分の仕事を先にしろ」と迷惑に感じます。

自分がやるべき仕事を横からやられてしまう喪失感。何のための担当者なの?これじゃ、私が担当している意味はないんじゃないの?と疑問に思ってしまいます。

自分が任せられているのに、後ろから私の仕事を追いかけられる。まるで私がちゃんと出来ていないみたい?そしてプライドがズタズタになります。

しかし、相手は良かれと思っていることです。どんなに私がプライドズタズタの喪失感にさいなまれていても言わなければ相手には伝わりません。

そういう意味では今回の後輩君が先輩君に直接つらい気持ちをぶつけたのは、お互いにとっていい経験になったでしょう。

しかし、立場上言いにくい。言っても実際にフォローされている部分もあり、無下に「手伝うな」と言いにくいケースもあります。

そんな時は、いつか気づいてくれるだろうと希望的観測になります。しかし、希望的観測は、希望のまま終わります。

そんな時はどうすればいいのでしょうか?

勝手な手出しが本当に迷惑なのかを疑う

「手伝ってほしくない」「でも言えない」と言う気持ちの奥には手伝ってもらって多少は助かっている。フォローされているという気持ちが隠されています。

つまり、100%邪魔なことをされているわけではないのです。それなのに、「別に手伝ってほしいといった訳ではないのに」とブチ切れそうになる感情を抑え、心臓はバクバク、胃はキリキリ。

相手に対して、「まるで手伝ってやった」と言わんばかりの表情を感じ、「俺に感謝しろ」と言わんばかりのオーラを感じてしまいます。

心のどこかでは、「フォローしてもらえた」と言う気持ちがありながら、自分のテリトリーに入ってこられたという気持ちの方が勝ってきます。

そんな時は、とても大事なことを見落としています。

「自分の仕事を手伝われた」と言うストレス。よく文面を見るとあることに気付きます。自分の仕事?それは本当に自分の仕事なのでしょうか?

本当に自分一人だけの仕事なのでしょうか?そうではないはずです。自分が任されているというだけで、みんなの仕事です。

本当に自分の仕事と言い張りたければ、世の中にはいくらでも、一人で完結する仕事があります。いわゆるフリーランスの仕事です。

風邪をひいても、忙しくても、自分しか頼れないフリーランスの仕事です。これなら誰にも手出しはされません。

それでも、「自分が任せられている仕事だ」と腹が立つことはあるでしょう。しかし、長い目で見れば、任せられている期間なんてものは人生のほんの一瞬です。

ずっと、その仕事は自分のものでしょうか?年を重ね、様々な役割を経験すれば、そうでないことを身をもって知ることが出来るでしょう。

「自分の仕事なのに」と嘆く人は「みんなの仕事」であることを見落としているのです。

コメントの入力は終了しました。